カテゴリー再編をしたり、リニューアル後の微調整をしたりしています。

【持続化給付金】売上台帳とは(売掛金メインのクリエイターの例)

持続化給付金
こんにちは、5/1午前申請組のコダテ(@from_hkdt)です。
5/8、10:20過ぎに入金確認しました!

「5/1申請分は早くて5/8から支給開始をしたい」というアナウンスに励まされながら、エラーにくじけず申請した甲斐がありました。給付業務に関わられた皆々様に深く感謝申し上げます。

私はあらかじめ、速報版PDFを見ながら申請に必要なデータや書類は4月末までに準備していたのですが、最も用意に迷ったものがこちらでした。
添付書類
2020年の対象月の売上台帳等 
※「売上減少の対象月」と同じ月の売上台帳
売上台帳……???(スペキャ顔)
というのも物販でもないし、現金取引でもないため、「売上台帳」という言葉に馴染みがない。
単に私がその言葉に馴染みがないだけです…

コダテ
以下、コダテのスペック。

【職業】イラストレーター/クリエイター(個人事業主)
青色申告
・普段の会計は「やよいの青色申告(Windows版)」を利用
・2019年分の確定申告は1月末(還付申告)に書類にて窓口で提出済み
(収受日付印がある控え有り)
・普段の取引は、ほぼ100%「売掛金」でやりとり
・開業届は数年前に提出済み
・つまり「一般的な申請方法」枠(特例適用は不要)
ほぼ同じ感じ」という人は、下記で無事に申請通過で入金されましたので参考にどうぞ。
(もちろん人によって違いがあるかもしれませんので、あくまで参考程度で!)

「売上減少の対象月」は、売上を計上した月!

まず大事なのは「売上減少の対象月が何月なのか」です。
売掛で取引している場合、「売上が発生した月」と「実際に入金された月」にはズレが生じることが多いと思います。SKIMAやココナラなど、同月中に振り込まれるケースもありますが、例えば私の主な取引先は
  • 当月末〆、翌月末払い
  • 当月末〆、翌々月○日払い
というように、だいたい1~2か月後の月に振り込まれます。
注意したいのは青色申告の場合、発生主義ですので「前年同月と比較して売上が50%以下になった月」というのは「売上が発生した月」が対象となります。いつ入金されたかは問題ではありません。
青色申告の場合
例:2020年2月15日に納品、2月28日〆で売上を計上→ 2020年3月31日に入金

2020/02/28
売掛金 50,000/制作料収入 50,000 ※制作料収入=売上

2020/03/31
普通預金 50,000/売掛金 50,000
上の例の場合、対象となる売上は実際に振り込まれた3月ではなく、「2月」となります。
2019年2月の売上と比較して、50%以下ならば申請対象となります。
例えば2019年2月は「200,000」だったけど、2020年2月は「50,000」ならば完全に対象です。

対象となる月を勘違いする人は少ないかもですが、念のため注意でした。

比較しやすい方法とかある?

コダテ
すまない、私では力技しかできなかった
所得税青色申告決算書の控え(2枚目)
前年の確定申告の売上と、今年の売上をどう突き合わせて比較しようか悩んだ私の場合、「今年の分も無理やり確定申告書類プレビューして同じ様式で比較する」という力技を繰り出した。
(もちろん「年度が違うよ!」という警告メッセージは出ます)

同じ形式が一番、比較しやすかったので……
あるいは今年の「残高試算表(年間推移)」と見比べるという手もあった気がする。

50%以下の月が複数ある…

コダテ
計算式に当てはめて、最もたくさん給付される月で申請しよう!
これからもっと減る予定…という場合は様子を見るのもアリかと。
今のところ、申請して給付されるチャンスは1度だけ。
ちなみに当初は「10万円未満は切り捨て」(例:計算結果が59万なら、50万給付)とツンな態度だったけど、今は「1円単位まで全て給付する」とデレてくれましたよ!

対象月の「売上台帳等」は何を出した?

私は「やよいの青色申告」を利用しているので、そちらで説明します。
他の会計ソフトやオンラインサービスを利用している人は似たものを探してみてくださいね。
提出した「売上台帳等」は下記2種類
  • 総勘定元帳
  • 残高試算表(損益計算書)

その1:総勘定元帳

「決算・申告」の『総勘定元帳』
総勘定元帳」を選択して開きます。
売上が売掛金だけなら、勘定科目「売掛金」、期間は対象月(例:2月)をオープン。
総勘定元帳:売掛金
右上にある「印刷」ボタンをクリック。
印刷設定画面
プリンターは「PDFファイルを作成」を選択、PDFファイルにすると楽です。
※私は「CubePDF」をインストールしてるので、上記ではCubePDFを選択してます。
PDFファイルとして生成されました!
これで「売掛金」の金額証明が出来ました。

これだけでも良いような気がしますが、これだと「売掛金以外の売上もあるんじゃないの?」という証明が出来ないように思いましたので、私は念のため、下記も合わせて提出しました。

その2:残高試算表(損益計算書)

「集計」の『残高試算表』
上では「月次・期間」としていますが、「年間推移」でも数字は出せます。
個人的には他の月まで提出しなくていいやと思ったので「月次・期間」をチョイス。
期間は対象月(例:2月)をオープン。
残高試算表(月次・期間)
右上にある「印刷」ボタンをクリック。
印刷設定画面
印刷対象は「損益計算書」だけでOK。

プリンターは「PDFファイルを作成」を選択、PDFファイルにすると楽です。
※私は「CubePDF」をインストールしてるので、上記ではCubePDFを選択してます。
PDFファイルとして生成されました!
収入金額合計」(当月貸方)を証明するのが狙いで提出。
売掛金での収入しかないため、総勘定元帳の売掛金と金額が一致しますよ~!という感じで。
※上記の「雑収入」はデビット還元事業の還元分なので除外

PDFファイル2枚をどうやって1枚にするの?

フリーソフト「CubePDF Utility」は複数のPDFファイルを1つに結合できます。
※私は画像にして1枚にしましたが、こちらでもよかったなと後から気付きました……

フリーソフトをDLせずに使うのであれば、こちらもあります。
I ❤ PDF(PDF結合)

実際に提出した画像がこちら

提出時のフォームはファイル1枚のみの選択なので、1枚にまとめます。
画像、PDFファイルが選択可能でした。私は注記も入れたかったので画像にまとめました。
1枚の画像にして提出しました
もし、同じようにPDFファイルを画像化して提出する場合、こちらをどうぞ。
I ❤ PDF(PDF JPEG 変換)

弥生シリーズを使ってる人はこちらもチェック!

売上高で管理&弥生シリーズを使っている人は、下記も参考になりますよ!
(私がこれに気付いたのは、申請した後だった…)

まとめ

不備にはならず、問題なく入金されましたので上記の資料で大丈夫だったようです。
相談できる税理士さんがいれば、税理士さんに聞いてみるのが一番だと思います。
コダテ
申請開始から入金まで、その間にGWも挟んでいたというのに
思った以上に速くて、給付金事業に関わった全ての人に感謝!
ありがとうございました!
その他、申請時にちょっと引っかかりそうな点については下記にまとめてあります。
持続化給付金

【持続化給付金】エラーの洗礼にも負けず申請完了(追記:5/8入金確認!)

Sponsored Link

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください