道南の話題やLive2D等のデザイン・イラスト話をつれづれ。

函館公園と函館博物館をぶらり散策。

函館公園
函館公園

日曜日、せっかくの天気だったので函館公園へ足を向けてみました。
先日少し肌寒かったので長袖にしてみたら、半袖でもOKなぐらいでした!
足を入れてる子は見かけませんでしたが、手を浸してる姿はあちこちで見かけました。

函館公園

微風が水の匂いと僅かな涼を運んでくれます。少し涼んでから散策へ。

函館公園

日本最古の観覧車がある「函館公園こどものくに」は大賑わい。
日曜だったとは言え、思った以上に家族連れが多かったです。3連休の中日だし、穏やかな良い天気だったからなんでしょうね。

函館公園

じわじわと樹木の葉が色づいてきましたね。

函館公園

夏の間に生い茂った葉の間から溢れる日差し。

函館公園

夏から秋への移り変わりを感じさせてくれます。

函館公園

下旬ぐらいには紅葉も進んでいそうですね。楽しみです。

函館博物館

歩いていると市立函館博物館があるエリアへ。…お?

函館博物館

なんと「本日は無料です。」とのこと!
後から公式サイトで調べてみたら「※常設展期間の日曜日は無料となります。」でした。
施設概要 – 市立函館博物館 Hakodate City Museum

函館博物館

せっかくなので観ていくことに。ここの博物館に入るのは久々だなぁ…
どうやら今、「新収蔵資料展」と「博物館のどうぶつ園」が開催されているようです。

観覧料
一般100円、大学生以下50円
※日曜日の観覧は無料(企画展開催中は、企画展観覧料となります。)
詳しくは博物館にお問い合わせください。

函館博物館

この辺は恐らく「本館開館とコレクション資料」…かな?

函館博物館

南茅部の道の駅にもこのような展示(閲覧は有料)がありますが、昔の人の暮らしというのはやはり興味深いですね! 器用なものだなぁ…と感心しきり。

函館博物館

こちらの小さな籠は鈴虫を入れて鳴き声を楽しむためのものだそうです。
その隣にあるのは、今も人気の地元ラーメン店「星龍軒」さんのマッチ箱…だったかな?の、デザイン部分みたいです。解説も撮影すればよかった!

函館博物館

こちら、解説文を撮影してないので何なのかすっかりと失念…いいなと思って写しました。

函館博物館

箱館戦争に関連したものも展示されています。
こちらは「新撰組袖章」とのこと。中島登、島田魁など、新撰組ファンならおなじみの名前が並びます。

函館博物館 函館博物館

見やすいようにばらばらで撮影してみました。

函館博物館
戦友絵姿(新選組隊士姿図)画:中島登

こちらは新選組隊士・中島登が敗戦後、幽閉中に新選組と旧幕府軍の同志を描いた絵巻だそうです。新選組隊士26人と旧幕府方5人を描いているのでかなり長い絵巻となっています。
左が土方歳三、右は近藤勇。その他にも一人ひとり丁寧に描かれていました。
(近藤さんの足元にあるのは血の滴る生首なので、苦手な方への配慮で伏せてあります)

参考 ほぼ日刊イトイ新聞 – 江戸が知りたい。東京ってなんだ?!
参考 現存する日本最古の博物館で歴史を知る「市立函館博物館」 | AIRDOの機内誌 rapora

その他に昔、使われていた家庭用品やら函館大火で燃え残った品々など、思った以上に見応えがあって同行者と感心しながら回りました。

なお、「博物館のどうぶつ園」で一番驚いたのは「オオハクチョウ、でか!!」でしたw
大沼の白鳥バセットで餌やりなんかも経験してるんですが、目と鼻の先の距離で見ると本当に大きいですね…オオワシの大きさと足の太さにも感動。ヒェ。

文化的な秋の一日を過ごして大満足の一日でした。

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください