カテゴリー再編をしたり、リニューアル後の微調整をしたりしています。

【北斗編】ドライブがてら風景印や駅スタンプを押してきました。

月が変わると再び忙殺期間となるので(ありがたいことです)、せっかく天気もいいからドライブ行ってこよう!ってことで懲りずに出かけてきました。
立ち寄る場所は決まっていたので前日にGoogleマップでドライブルートを決定。

北斗エリア編

まず真っ先に、新函館北斗駅前郵便局さんへ。
前回、小型印だけもらって風景印を忘れていたことに気付きましたからね…

とても感じのよいお姉さんが対応してくれました。
「風景印、以前から集めてらっしゃるんですか?」「いえ、実はつい先日からなんです!」「そういえば今、風景印スタンプラリーを開催してるんですよ!」「え、それ参加したいのでお願いします!」と会話する中、奥でナイスミドルのおじさまが丁寧に押印してくれました。

北海道新幹線 開業記念スタンプラリー(風景印)

実施期間:2016年3月25日(金)~2016年12月30日(金)

「風景印を集めて記念品をもらおう!」というイベント。せっかくなので参加!

20160331_風景印ラリー01

実はツイッターで見かけたものの、いくら探しても公式情報を探し出せなかったので郵便局へ行ったら聞いてみようと思ってたのでした。お姉さんに言われるまで忘れてた…!
ひとまず、この日は3局まわって押印してもらいました。

20160331_風景印ラリー02

参加郵便局(16局)

  1. 大沼郵便局(亀田郡七飯町)
  2. 七飯郵便局(亀田郡七飯町)
  3. 松前郵便局(松前郡松前町)
  4. 吉岡郵便局(松前郡福島町)
  5. 木古内郵便局(上磯郡木古内町)
  6. 函館元町郵便局(函館市)
  7. 函館駅前郵便局(函館市)
  8. 函館中央郵便局(函館市)
  9. 湯川温泉郵便局(函館市)
  10. 函館東郵便局(函館市)
  11. 函館北郵便局(函館市)
  12. 函館弁天郵便局(函館市)
  13. 函館本町郵便局(函館市)
  14. 新函館北斗駅前郵便局(北斗市)※旧・大野駅前郵便局
  15. 渡島当別郵便局(北斗市)
  16. 北斗郵便局(北斗市)

JR新函館北斗駅

先日は営業前日だったので今回は営業後の様子が見たい。平日だし、少しは落ち着いてるかもしれない…と思ったら「北斗おもてなし祭」最終日だったので混んでました!

新函館北斗駅01

やや風はあるものの、晴れ上がってドライブ日和。

新函館北斗駅09 新函館北斗駅02

エスカレーターで2階(吹き抜けなので高さ的には3階という感覚)へ上がると、窓越しにこの眺めが広がります。左手は工事中だけど来年、ホテルがオープン予定とのこと。

あ、この写真2枚すごい空いてる。でもイベント会場と駅の中は混んでましたよ…!!
弁当カフェに入りたかったけどガラス越しに見える混雑っぷりに1秒で諦めた。

新函館北斗駅03

道南エリアの色々な情報がまとまっているコーナー。
トラピスト修道院のソフトクリームはトラピストバター(※発酵バター)を使用しているためか濃厚な上にコクがあるけどおいしくてぺろりと平らげるレベル。おすすめです。
右下の「とまとの小籠包」が気になり始める…

新函館北斗駅04

案内所に置かれた北斗市ゆるキャラ「ずーしーほっきー」…の背中の北寄貝が見当たらないw
思わずカメラを向けたら案内所のお姉さん(すごく美人だった)が、どうぞどうぞ!って笑顔で場所を空けてくれて…あああ、ありがとうございます…!(パシャ)

DSC04224

特に何も来ていなかった図。
今度は時刻表を見て、新幹線が停車してる頃合いを見計らって訪れたいなぁ…

新函館北斗駅06

札幌へ出かける時、よく利用した北斗。
車酔いしやすい人は振り子特急を避けてチョイスするといいと思います(速いけど酔う)

新函館北斗駅07

エレベーター前の可愛いパステルカラー3セット。奥に広がって見えるのは畑。

新函館北斗駅08

新函館北斗駅の裏口。畑にはたまにポニーが放牧されているようです(先日は居た)
そろそろお昼時、おなか空いた…何か食べたい…けど混んでるのは回避したい…という同行者の要望で、じゃー鹿部の道の駅で何か食べよう!と決めて再びドライブ。

そういえば新函館北斗駅から北海道昆布館まで、車で3分ぐらいの近さでびっくり!
脇道は全くわからないのでスマホのナビは本当に助かる…

▼長くなったので分けました。

Sponsored Link

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください