【読書ログ】フリーランス系や節税の本を借りました。

Photo via Visualhunt.com

フリーランス復帰にあたり、これからの指針を見直したり勉強したりしたかったので、仕事や将来の夢に関連した本を借りてきてみました。

ジャンル:確定申告・節税

ど素人からわかる! フリーランスの申告と節税

税理士さん&イラストレーターさんによるセリフでの会話形式+漫画+図表…というスタイルなのでとても敷居が低くて入り込みやすい作りです。「なんか全然わからん!」と質問する側が同じ立場(イラストレーター)なので、挙がる例も非常にわかりやすい(笑)
青色申告については少しずつ慣れてきた頃ですが復習がてら、そして節税については改めて勉強がてら、とても興味深く拝読しました。特に青色申告1年生の人にオススメしたい!
MEMO:★★★★★

フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す!
元国税調査官のウラ技 第3版

これはいい。今年中に1冊買おうか、あるいは第4版が出るようならそちらにしようか。
何と言っても「元・国税調査官」が裏話を交えつつ、節税に役立つ知識を惜しみもなく披露していることろがありがたいです。ありますよね、「知ってる人だけ得する」もの。情報弱者は知らないというだけで損をしてしまう。そこから一歩抜け出したい時に良さそうです。
私は購入予定です。第4版、10月ぐらいに出るかな…?
MEMO:★★★★★

ジャンル:フリーランス・起業

マイペースでずっと働く! 女子のひとり起業 2年目の教科書

こちらは「2年目」バージョン。1年目の時に書かれた本もありました。
自分はフリーランス○年目なのでこちらを借りてみることに。
女性視点なので「わかるわかる!」と頷く箇所も多く、男性の著書とはまた少し違った角度で綴られているので読みやすかったです。特に『働き方と時間術』は女性ならではのもので、敢えて化粧をしない日を設けて外出を制限して作業に集中、時短の料理レシピアイディアなど。
MEMO:★★★★☆

フリーで働く! と決めたら読む本

自分の今の状況に即してるタイトルと思って借りてみましたが、一歩遅かった。
正しくは「フリーで働く!と決めたら会社を辞める前に読む本」でした(笑)
役に立つ情報もあれば、シェアが難しい内容もあり。ただ、大きく頷く部分も多々あります。個人的には『柱になるクライアントをつくらない』が最も身に沁みました。
思わず「わかる。それな」って口走ってしまうほど共感。タイムマネジメントについても自分が実施しているものと重なるものがあり、また参考にできる部分も色々ありました。
MEMO:★★★★☆

ど素人がはじめる起業の本

ちょっと面白そうかなと思って借りてみました。実際に面白い。
色々な起業アイディア、その成功事例などが掲載されています。見ているだけでワクワクするような内容になっていて刺激されますね! 第7章の「今すぐはじめるあなたへのアドバイス」も個人的に読み応えがありました。起業には様々なルートとアイディアがあるなぁ…
私にも実現してみたいものがあるのですが、それのヒントを得られたような気がします。
MEMO:★★★★★

10冊借りたんですが、一気に記録しきれなかったので残りは後日!