カテゴリー再編をしたり、リニューアル後の微調整をしたりしています。

【読書ログ】商業デザイン系を中心に全9冊を借りてきました

Photo credit: heipei via Visualhunt.com / CC BY-SA
Photo credit: heipei via Visualhunt.com / CC BY-SA
Photo credit: heipei via Visualhunt.com / CC BY-SA

函館市中央図書館は2015年に10周年を迎えたそうです。
以前は函館公園にあったので遠くてなかなか利用できなかったけど、今は五稜郭公園の向かいに新設され、立地もいいし居心地いいし使いやすくて素晴らしい!

併設されている「Borjan(喫茶ボルヤン)」のティーフロートと、レジの横で販売されているマーブルクッキーがお気に入り。特にクッキーはよく買っちゃう…さくさく…

ジャンル:商業デザイン

さて! 今回は商業デザイン系の本をメインに借りてみました。目の肥やしです。
デザイン系の本については表紙を見てフィーリングで選ぶことがほとんど。
仮にも商業デザインの本を謳うならばきっと心をつかむ魅力的な表紙だろうという勘。

お祝いのデザイン

落ち着いたムードのピンクのカバーにアンティークなロゴと飾り罫でシンプルながらも好みの表装であり、見た目を裏切らない見やすい内容。とても参考になりました。
MEMO:★★★★★(後日また再読したい)

ウェディングのデザイン

ぱっと見ても分かる華やかな表紙デザイン。結婚式を彩るペーパーアイテム系を中心に集められたデザイン事例集は、ただ眺めているだけでも楽しい。素敵なアイディアだなぁ。
MEMO:★★★★★(後日また再読したい)

スイーツ・パッケージ・デザイン

表題通り、和洋を問わず菓子(スイーツ)のパッケージに特化したデザイン事例集。いやぁ、これは素晴らしい! わくわくする。購入して手元に置いておくことも検討したい一冊。
MEMO:★★★★★(後日また再読したい)

人気デパ地下“スイーツ”パッケージ図鑑

特集『世界に誇る! これが日本の文具のデザイン』というキャッチに惹かれて図書館で読んだ「NIKKEI DESIGN 2016年1月号」の巻末に掲載されていた発行物リストにあったのを見て興味を持ち、借りたのがこちら。この本を借りる時、上の本とも縁がありました。
1つ前に紹介した本と同様、こちらも非常に楽しく読めた一冊。スイーツのパッケージは見ているだけでこうも楽しいものですかね…素晴らしい。
MEMO:★★★★★(後日また再読したい)

ちなみに「NIKKEI DESIGN 2016年1月号」の特集もすごく見応えありました!
ヒット商品の裏話というか開発ストーリーも興味深いし、それで生み出された文具品もどれも物欲を刺激されるものばかり。『“変わり種”付箋10選』も大変よかった。

四季のデザイン 季節を表現する美しいレイアウト

広告やDMなどの案内状、カタログやパッケージ、ウェブサイトなどにおける春夏秋冬のデザイン事例を集めた資料集。最もハッとさせられたのは表紙の2段目・左から2番目の紅白の和のイメージのデザイン。凛とした美しさが素晴らしかった。
MEMO:★★★★★(後日また再読したい)

浪漫図案 明治・大正・昭和の商業デザイン

明治・大正・昭和初期のラベル・パッケージの図案集。マッチ、煙草、石鹸、化粧水、生糸、お菓子などなど色々な商品の図案が豊富に掲載されていて見るだけで楽しい一冊。
レトロでありながら今、見てもそのデザイン性に感嘆せざるを得ない圧巻のコレクション!
MEMO:★★★★★(後日また再読したい)

かわいい! 使える! ! ふせんでネコクラフト

こんな世界があったんだなー!と目からウロコ。切り絵は好きだし、ペーパークラフトも好きで色々と読んだ気がしてたのに知らなかった! 早速つくって飾ってます🐱
MEMO:★★★

仕事に使える写真術

うちのデジカメはニコイチではないので「普通のデジカメ」って定義に入るかなー、と思ったけど本で使われていたカメラはそれよりやや上だったかもしれないので「ごめん、その機能はついてない」ということもありつつの。
でもカメラの機能以外の部分でも参考になることがちらほらあったので参考になったかも。
MEMO:★★★

Sponsored Link

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください