道南の話題やLive2D等のデザイン・イラスト話をつれづれ。

【Live2D】小ネタ②:「Vtube Studio」バーチャルウェブカメラで四苦八苦!(解決済)

ここでは「Live2D」に関連した小ネタをまとめてお届けしていきたいと思います。

今回は『Vtube Studio』で「バーチャルウェブカメラ」のドライバをインストールしようとしてもエラーで入れることが出来ず、もがいた記録となります。最終的にはインストール成功
ネットで調べても同じ状況の人が見当たらなかったので完全に「おま環」です…?

バーチャルウェブカメラのインストール手順

Vtube Studio」そのものはインストール自体も楽で、モデル読み込み後にトラッキングのパラメータ調整をしっかりやれば、噂通りのトラッキング精度を得られてとても満足!
となれば当然、OBSやDiscord経由の配信テストをしたい。

インストール自体はとても簡単明瞭でわかりやすい!
↑インストール前ならば青いボタンが「インストール」表記
わかりやすいヘルプ
開いたフォルダに入ってる「Install.bat」を右クリック→管理者権限で実行すればOK!

…のはずなんですが、何度やってもエラーでインストールできず。
ちなみに「VtubeStudioCam」でググってみても「一致する情報は見つかりませんでした」と素っ気ない…フォロワーさんに尋ねてみても、特に問題なくインストールしたとのこと。
コダテ
これは…おま環案件?(Windows8.1+64bit環境)
ググってみたけど、それらしい解決方法も見つからず…
検索キーワード:“Vtube Studio” バーチャルウェブカメラ インストール

原因の切り分け編

ログを確認できるため、手がかりを求めてログチェック!
表示されるエラーログ
Run error: System.ComponentModel.Win32Exception (0x80004005): Cannot find the specified file
at System.Diagnostics.Process.StartWithShellExecuteEx (System.Diagnostics.ProcessStartInfo startInfo) [0x00102] in <76ab7991c3504e0e8a174472fb0f87e7>:0
at System.Diagnostics.Process.Start () [0x00032] in <76ab7991c3504e0e8a174472fb0f87e7>:0
at (wrapper remoting-invoke-with-check) System.Diagnostics.Process.Start()
at RunBatchFile.Run (System.String command, System.String overrideDir) [0x00069] in :0
えええ…何が悪いのかよくわからん!「Cannot find the specified file」だけはふんわり理解。
つまり「指定されたファイルが見つかりません」です。
コマンドのエラーログを見てみても、ピンと来ない。う、う、う…

色々と調べてみると、使われるバーチャルウェブカメラは「UnityCapture」らしい?
うん?「VtubeStudioCam」ではないの?わからん。
でもとりあえず、それを入れてみようと探してダウンロードしてみました。 ダウンロード→解凍…中身が、全く同じ「Install.bat」だったよ!!!
念のため、そちらも管理者権限で実行してみたけれど結果は同じ。つまりエラー。

インストール成功編(及第点)

コダテ
このインストールってつまり「UnityCaptureFilter○○bit.dll」をどこかに入れたらいいのでは?どこに入るもんなの?
他のOBSやらFaceRigの仮想カメラって、どこに入ってるの??
ということで「仮想カメラ インストール先」でググってみると… 見つけたのがこちらのサイト。参考にさせていただこうと読み進めるとヒントが。
コダテ
おお…「OBS-VircualCam」の手動インストール方法とな?
これを真似してみたら、何とかなるんじゃないか?と試してみることに。
↓下記はCドライブ直下に該当ファイルを置いた場合の例です。
regsvr32 "C:\UnityCaptureFilter64bit.dll"
成功の文字!!!
これはいけるのでは!?
試しにOBSで「映像キャプチャデバイス」を追加してみましょうかね…さっきまでは選択肢に、それっぽいカメラは全く出てきませんでした。
UnityCaptureインストール成功!
Unity Video Capture」というデバイスが追加!
やったーーー!!!
「VtubeStudioCam」ではないけど『Vtube Studio』の画面がちゃんと反映されましたよ!
喜びのあまり自分で自分に「おめでとう」した
長い戦いでした…実際にはリアル3日ぐらい悩みましたので……
なお、満足していったん終了した後、再び堪能しようと起動したら「Unity Video Capture」が無効になっていて(薄いグレー表示)反応しなくなったので再度、regsvr32~で入れた後は順調です。
コダテ
なんだなんだ? 焦るのでやめてくださいよ先輩…
トラッキングソフトは別に「FaceRig」でも構わないんです。うちではFaceRigのトラッキング精度にさして不満がない状態で動いてくれたこともあり、あとさらっと試してみたらさくっとトラッキング成功してくれた「PrprLive」でも構わないんですが、「Vtube Studio」には他ソフトとは違う決定的な長所があるのです。それは…
非アクティブウィンドウ状態でもキーバインドでモーション再生してくれる」こと!

なので、OBSで取り込めるようになったのは嬉しい。
ただ『Discord』の方は未だに、バーチャルカメラ選択肢に「VtubeStudioCam」も「Unity Video Capture」も出てこないわけなんですが。
コダテ
OBS経由では配信可能なので、ひとまず良しとしますが…根本的な解決にはなっていない気がするので(力技っぽいし)及第点ですかね。
もし他に解決方法をご存じの方はコメントお待ちしてます…!!
なお、上で触れた「PrprLive」ですが、さらっと使えて良い感じでした。
使用感は「Vtube Studio」に近い感じでしょうか。

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください