道南の話題やLive2D等のデザイン・イラスト話をつれづれ。

1000円の万年筆や色の優しい蛍光ペン、書類ホルダーを買いました。

先日、久々に文教堂さんへ赴きました。
知らなかったけれど栄好堂さんと同じく、こちらもレジで定価から20%引きなんですな?

テーオー店も(ついでに手芸店を覗けるから)好きなんですが、今回はこちら。

文教堂書店 函館昭和店

書籍・文房具・ホビー系が1か所で揃う貴重な店。私は1時間以内に離脱するのが難しい。
一度、見始めたらなかなか抜け出せない恐ろしいところ!

今回は文具専門店を練り歩く。書籍の方まで行くと数時間を覚悟せねばならないっていうか、それなら図書館に篭もるほうが早いよねっていう。

ゼブラ「マイルドライナー」/プラチナ「プレジール」

万年筆/蛍光ペン

手前にある2本はゼブラの「マイルドライナー」です。
名前の通り、マイルドな色が揃っている蛍光ペン。一般的な蛍光ペンに比べて色が優しいのでとても気に入りました。毎朝、当日の業務スケジュールというかToDoリストを作り、こなしたものから線を引いて消していくわけですが、その色をグレーにしたいなと思っていたのです。
消去ではなく、重要なポイントについてはグリーンにしてみました。

定番のブルー、レッド、あとバイオレットも揃えたいなと思っていたら…
この「渋マイルド5色セット」にすればよかったのでは?と今さら気付いてしまったつらい。
あ、ちなみにこちらは文教堂ではなく通販購入。

お次は万年筆。衝撃的なコストパフォーマンスを誇るプラチナの「プレピー」、とても使いやすくて気に入ってるものの、見た目的にはいかにもお安い。
見た目もう少し良さそうなのも欲しいな、でも高いのはまだ手を出さずに様子見をしたい。
そんな我儘を叶えてくれる万年筆があったので購入しました。

それがプラチナの「プレジール」です。
ボディの色が複数あって少し迷ったけれど、一目惚れしたのがブルーだったので初志貫徹。

税別1000円。パッと見た感じ、いかにも万年筆といった風情でボディのパール加工も素敵。
何よりも丸みのあるフォルムが気に入り、文教堂にて購入。

実は使い始め、インクが出なくて焦る。プレピーの時は手こずらなかったのに!
万年筆ビギナーのため、良い対処法がわからない。そんな時はググる。

http://genkiszk.com/fp-ink-denai-sugu/

…ありがとうございます、無事に解決しました。
書かれている通り、プラチナのカートリッジは手で押すには限界がある硬だったので、私は丸ペンチで少しずつ様子を見ながら押してみました。オーケー、オーケー。

販売時にセットされているカートリッジの色はブラックのみですが、ブルーブラック大好き&プレピー(ブルーブラック)がインク切れしてたので、交換用カートリッジは通販購入。

キングジム「オレッタ」

ちょっとした書類の持ち歩き用ホルダーが欲しくて探してみたら、良さそうなものが。
A4三つ折りホルダー「オレッタ」です。

オレッタ

A4三つ折りって、自分が使っている請求書の封筒と同じサイズなのでありがたい!
バッグに入れていざ投函する時に変な折れ方してることがあるので…
使っているバッグはそこまで大きくないため、受け取った資料の一時保管にも便利で助かる。

オレッタ

開くとこんな感じ。公式サイトを見ると、A4地図などを入れても良さそうでした。
ハガキもすっぽり入るので、このサイドポケットはありがたい。
本当は縫製タイプの白が欲しかったけど400円ほどの価格差に負けてこちらに(^ω^)
でも、このPPタイプの赤も素敵ですよー!

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください