カテゴリー再編をしたり、リニューアル後の微調整をしたりしています。

今年の万年筆&色彩雫3色ミニボトル+SUITO

万年筆:プラチナ #3667 センチュリー「ブルゴーニュ」
万年筆:プラチナ #3667 センチュリー「ブルゴーニュ」

今年の誕生日プレゼント、もらっちゃいました!(*´∀`)
他にも手帳や別のインクなどなどあるのですが、まずは今回こちらを記念撮影。

パイロット 色彩雫(冬将軍・竹炭・躑躅)

この時期にぴったりな落ち着いたグレー系2種+目にも鮮やかな初めてのレッド系!
先に万年筆が届いたのですが、ぜひとも色を合わせてレッド系を入れたいと思ってました。

パイロット「色彩雫」

プラチナ #3776 センチュリー「ブルゴーニュ」

ごらんください、この深みのある透き通った深紅。

万年筆:プラチナ #3667 センチュリー「ブルゴーニュ」

この深紅とゴールドがとてもよくマッチしていて美しい。
手元にある万年筆はクリアカラーかブルー系、シルバー系なので気になっていました。
名前の「ブルゴーニュ」について、公式サイトではこう紹介されていました。

ワインの熟成をイメージし、透明の樹脂材料に美しい赤ワインの色を添えて何回も色出し試作を重ね、今回の色に絞って丹念に 成型致しました。
その名も『Bourgogne (ブルゴーニュ)』。フランスワインの二大産地のうちの一つです。もう一方の産地であるボルドーとは異なり、フルーティで 繊細な味わいがあるのが特徴です。

プラチナ万年筆/Century

なんとも美しい佇まいだなぁ…まさに赤ワインといった趣き。

神戸派計画 SUITO

ずっと密かに気になっていた、万年筆クリーニングペーパー「神戸派計画 SUITO」!

神戸派計画 SUITO

まさか2セット入れてくれるとは!w
改めて親友に感謝です、ありがとう(*´∀`)

1回目、うまく使えなかったので次回、リベンジ時に写真を撮ってご紹介しますw

ブルゴーニュに躑躅を合わせました

やはり青より黒より、赤いインクを入れたいなと思って迷わず「躑躅」をチョイス。

万年筆:プラチナ #3667 センチュリー「ブルゴーニュ」

文房具というよりも装飾品のような美しさを感じる。
最初からついてくる黒のカートリッジは今回も休んでもらい、コンバータ(これもプレゼント品。ありがとう!)をセット。

プラチナのコンバータは2種類あり、普段なら大容量の「CONVERTER-700」をチョイスするんですが…700はシルバーなんですよね。500はゴールドで、これがブルゴーニュとマッチ!
いや、セットしてしまえば見えなくなるんですが。でも綺麗じゃないですか!!!

あと最近、気がついたんですが、容量が少ない方が次から次にインクを替えられるから楽しめるのでは…(気付いてしまった)

そして色彩雫「躑躅」を飲ませた直後の図。

万年筆:プラチナ #3667 センチュリー「ブルゴーニュ」

実はこの後、SUITOで拭いたのだけど、説明を読まずに始めたら「ちがう、そうじゃない」という使い方になっていたことに気付いたので、次回リベンジします…

万年筆:プラチナ #3667 センチュリー「ブルゴーニュ」

インク吸い上げ完了! 美しいなぁ…

万年筆:プラチナ #3667 センチュリー「ブルゴーニュ」

#3776 センチュリー姉妹。兄弟っていうよりも姉妹。
左手前は今回いただいた「ブルゴーニュ」で、右奥は去年のプレゼント品「ニース〈ロゼ〉」です。ニースはクリアカラーで、ゴールド部分は「ピンクゴールド」でこれまた美しい!

万年筆、書き初めの儀

最もワクワクする瞬間。これが楽しい。どんな色を見せてくれるのか。
どんな書き味を味わうことができるのか。

色彩雫「躑躅」

今回のブルゴーニュは「M」(中字)なだけあって、もちろんインクフローは抜群!
ニースは「F」(細字)なんですが、こちらも絶妙なインクフローなんですよねぇ…嬉しい。
そして、初めてのレッド系インク。想像以上に好みの色だーーー!

ニースは南仏の海をイメージして基本は【天色】を入れてるんですが(現在はお試しとして【月夜】を入れてます)、ブルゴーニュは【躑躅】で大正解だなぁ…

色彩雫「躑躅」「月夜」

嬉しくなってニースでも書いちゃう。
ちなみに書き初めに選んだノートは、ダイソーで購入した例の高級紙ノートです。

108円だけど万年筆でも裏抜けしないの、ほんとすごい。
楽しくなって、コクヨの「ソフトリングノート」にも試筆という名のらくがき。

色彩雫「躑躅」

ちなみに↑これの裏には↓既にこの試筆が。さすがの実力、裏抜けの気配すら無し!

色彩雫×万年筆

近日中にガラスペンで、他のインクで試し書きしたいと思います。
パイロット 色彩雫の【冬将軍】と【竹炭】、セーラーのジェントルインク四季彩【仲秋】!
図らずもグレー系3種。すごく楽しみ…!!!

おまけ:368ノート裏抜けチェック

ついでなのでセリアの368ノートで裏抜けチェックしてみました。
まぁ、我が家の裏抜けキング「プレジール 中字(純正ブラック)」がセーフだからいけるだろとは思ったものの、念のため試したいなと思いました。

全く問題なし…!

100均ノート、かつ368ページを実現するために紙質もそこそこで薄いはず…なのに、セリアの368ノートは恐ろしい子です。万年筆のインクが裏抜けしない…すごい。
筆圧は強い方なのに。同じセリアのノートでも、ばんばん裏抜けするのもあるし、むしろ値段を考えればそれが普通だろうなと思うんですが…368ノートは別格ですかねw

Sponsored Link

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください