道南の話題やLive2D等のデザイン・イラスト話をつれづれ。

【Live2D】照れ・青ざめ・舌出しを加えたりして、初めてのFaceRig!

自作イラストを「Live2D」化して動かすため、前回は角度Xの模索~調整を行いました!
これはもうFaceRigデビューしかない!という勢いに乗って準備。
Live2D」で制作したモデルの使い道としては、
  • YouTubeやニコ生での動画配信
  • ビデオ通話(Webチャット)での利用
  • ゲームへの組み込み(例:ツイステ、アズールレーン等)
などなどあると思います。ゲームへの組み込みは別途、アニメーションで動作を付けてゲーム内へ組み込んでいく形になりますが、動画配信やビデオ通話などは「Webカメラに映った人の、主に顔を自動判別して目や口の動きを抽出→モデルへ反映して同じ動作をさせる」ためのツールを経由することになります。

このツールはいくつかありますが、最も利用者が多いと思われる「FaceRig」を使ってモデルを動かしてみたいと思います!

照れ・青ざめ・舌だしを追加したい

その前に…FaceRigでは特定のキーを押すと表情を変えたり、モーション動作できたりするようです。何それやってみたい。
ということで、さっと作れる「照れ」「青ざめ」と、ロマンあふれる(?)「舌出し」を作ってみることにしました。「Live2D」だと「乗算」は使えるので便利ですね!

照れ

はい、あざとい。表情は作ったので実際には赤面だけです。

青ざめ

青ざめる効果の他、冷や汗+耳伏せで参る。

舌出し

表情は作ったので…パラ振りは推奨3個までなの、きついな~!
元々「舌」パーツは用意して口の開閉でも使っていました。リップシンク時の表現が豊かになるので…と思ったんですが、この舌の色は少し濃すぎたんですよね。なので途中から非表示にして、口腔内ベース+口腔内の影で舌を表現。でも「舌出し」の時だけ再び表示ON!
コダテ
でも結局、舌パーツは後で作り直すんですが。
この時はこの舌のままです。

FaceRigの導入方法

私が参考にさせていただいたサイトはこちらです。

参考 FaceRigの購入とインストールを分かりやすく解説

ちなみにSteamでは年に数回、セールが行われます。セール対象になっていれば特に狙い目。
2点購入しても3桁プライスで収まります。ありがとう、セール!
大型のサマーセールでゲット済み!
コダテ
本当は今のタイミングだと『Animaze』の方が良いかもなんですが、レビュー欄が「ほぼ不評」で怯みました(
まだ安定してないみたいだし、サブスク型の有料なので保留。
逆に「非常に好評」な『VTube Studio』を試したかったけど私のプラットフォームではインストールできませんでした。基本無料、ウォーターマークを消すなら有料となります。つまりお試しをしてから使えます。Steam版からはWebカメラも使えるようになったみたいですよ!

いよいよFaceRig起動!

仕事で使っているデスクトップPCで試したかったんですが、我が家にはWebカメラが存在しないのでサブマシンであるカメラ内蔵のノートPCでトライしてみました。
トラッキングがよくわからんので自動!自動!で、とにかく先走ってみる。
初・FaceRig!おめでとう!
コダテ
う、動いたー!生きてる!生きてるよーーー!
(テンション爆上げ)
すごい!動いた!これは楽しい!思った以上にさっくりと動いた!やったーーー!!!
やった……ん? 口、動いてなくない?
コダテ
リアル側が口を開くの忘れてましたよね……
う、うーん…? 口の開きが悪いというか「(´∀`)」みたいな満面の笑顔の口が出来ない。
この辺り、どうやらきちんと手動で「高度なトラッキングの設定」をすべきなようです。少し迷った上で、この際「口の開閉」「口の変形」も一旦リセットしてやり直すことにしてみました。

調整:口の開閉/口の変形

このモデルは、実は前回作成したモデルとは口の開閉/変形の付け方が異なっています。
単にトラッキング設定不足なだけなんですが、原点回帰ということで前回までと同じパターンで母音の設定をし直してみることにしました。

とにかく懇切丁寧な、初心者にもわかりやすいレクチャーをしてくださる魔王様。私、前のモデルは全て魔王様の動画を参考にモデリングしてますので実家のような安心感があります。
同じように設定をし直して、今度は「高度なトラッキングの設定」もしっかりセットアップ!

参考 【FaceRig】表情調整とマイク非連動設定、起動しない方への覚書き
ちゃんと口が開閉した、やったー!
こうなってくると本当に楽しい。そして、どんどん微調整したくなっていく。舌を調整したい。

調整:舌パーツの更新と出し入れ

ということで舌のパーツ画像そのものを更新してみました。
「舌の影」は別パーツにして「舌」でクリッピングすることにします。
間違いなく舌です
せっかく舌が良い感じになったので、口の開閉/変形でも再び表示ONで使っていきます。
ただ「舌を出す」と「口の開閉/変形」の共存って意外と大変だなと思いましたね…どうせなら、と口の形によって舌を出す・出さないも決めて全て調整しました。
舌の出し入れを調整してたら2時間経過しました
コダテ
例えば上下の歯を噛みしめて「い」の時に舌が出るのも
違和感あるかなと思ったので…この辺りは好み!

今回のゴール動画

チラ見えする舌が最高に良い
コダテ
いいよーーーーとてもいい! God is in the details!!
有名な格言「神は細部に宿る」を噛みしめている。
後からパーツ画像の更新をかけたり、パーツ画像を追加したりが手軽に出来るのは本当にありがたいですね。この辺については公式マニュアルの「PSDの再インポート」をどうぞ!

今回、全般的にお世話になったサイト

コダテ
トップページだけ見るとシンプルかもしれないけど、管理者さんの圧倒的な技術と膨大な情報量が詰まった、絶対に見ておきたいサイト!

次回は「腕を上げる」+αを考えてます。
腕上げ自体は成功したんですけど、バイバイしたいんですよね…
モーションアニメ作って入れる?
それより先に着替えパーツ作って切り替えるかもです。

よかったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


認証コード *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください